SPECIALTY

専門部のご紹介

福島県教職員組合では~~~

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

女性部

女性教職員で構成しています。女性参画、ジェンダー平等教育を推進しています。母性保障にかかわる権利をはじめ、人間として働き続けるためには何が必要かという視点で活動しています。

事務職員部

事務職員で構成しています。事務の仕事の進め方や職場の悩みなどサポートしています。
保護者の負担軽減や学校づくりに向けた学校事務の実践などを考え活動しています。

養護教職員部

養護教職員の労働条件の改善などに取り組んでいます。養護教職員どうしつながりあい、子どもたちの健康・笑顔を守るため、学校保健を推進していきましょう。

青年部

35歳までの様々な職種の教職員で構成しています。福島県内の教職員と出会い・学び・つながることができるのは、青年部ならでは。スポーツを通して交流を図ることもあります。学習会では学校や自分の事について深く学び、その後の交流会では夢や願いを楽しく語り合っています。

事務職員部

事務職員で構成しています。事務の仕事の進め方や職場の悩みなどサポートしています。
保護者の負担軽減や学校づくりに向けた学校事務の実践などを考え活動しています。

栄養教職員部

学校給食の充実・改善はもちろん、食育の重要性を訴えています。一人職ならではの悩みを共有して、互いに知恵を出し合い「食の安全」を守るため活動をしています。

障がい児教育部

支援学級や支援学校に所属する教職員で構成しています。すべての子どもたちが共に生活し、ともに学び合う「共生・共学」、「インクルーシブ教育」の理念を広め、実践しています。

臨時採用教職員部

臨時採用教職員で構成しています。みんなが共に気づき、学び、支え合うことができるよう、教員採用試験の合格者の拡大、さらなる待遇改善ために共に考え行動しています。

幼児教育部

福島市内の幼稚園に勤務する方のみで構成しています。こども園化や預かり保育にともなう職員の働き方の課題を共有したり、インクルーシブ保育の大切さを学習したりしています。